<   2015年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

7/31








↓ステートメントをまとめる。
現代アートの業界では、
ステートメント(制作テーマなどを書いたもの)
を提示するのがルールである。
ステートメントはずっと書いてきたけれども、
今回英文構成を学んだことで、
海外の人に伝わるように書く。
↓であるが、今私の制作を簡単に説明するならば、
こういうことである。

a0338361_17523439.jpg

























[PR]
by fffshiuraff | 2015-07-31 18:00 | アート

7/27







a0338361_18243670.jpeg

a0338361_18255498.jpeg














久しぶりに描く。
何だろう、
錆びたナイフのようである。
上→3月5日に描いたもの。
下→今日描いたもの。

いろいろと描き方を忘れている、
スムーズに描けなかった。
ドローイングを何点か描いて、
3月5日のクオリティーになるまで、
スムーズに描けるようになるまで練習しようと思っている。



























[PR]
by fffshiuraff | 2015-07-27 18:30 |

7/24






a0338361_16294845.jpg













Voice of America:
http://learningenglish.voanews.com/

続き、リスニング。
英文音声を理解するプロセスは、
①音を聞く
②音を言葉に変換する
③意味を理解する
であるが、

今やっている練習法は、
a.意味を考えずに、音に集中する
b.スクリプトを見て確認する(※意味も理解する)
c.聞き取れなかった箇所は繰り返し聴く
である。

例えば、
スクリプトを見ないで、音声を再生、一時停止し、
I want to say this the most.を見て確認する、
というプロセス。
この練習法のポイントは、
「①音を聞く」プロセスだけに集中すること。
「①音を聞く」がスタートであり、
最終的に「③意味を理解する」にいたるからだ。



[PR]
by fffshiuraff | 2015-07-24 16:40 | 英語_聞く

7/22


















英語字幕あり。
西暦2020年、世界は巨大な竜「サラマンダー」によって支配されていた。
6500万年前に恐竜を喰らい長い眠りを得て突如地底から現れたサラマンダーは爆発的な繁殖能力で数を増やし、世界中の約50億人の人々を餌にしていった。
大空を自在に飛ぶことができる巨大な翼と、既存兵器によるほとんどの攻撃を受け付けない強固な鱗を持ち、そして全てを焼き尽くす炎を口から放つ無数のサラマンダーに人々は成す術がなかった。
そんなある日、ノーザンバーランドの要塞で仲間たちと共にサラマンダーから隠れ住んでいたクインは、ヴァン・ザン率いるアメリカ義勇軍に出会う。
サラマンダーを仕留めたことがあると言うヴァン・ザンは、共に立ち上がろうとクイン達に呼び掛けるのだった。
今、人間対巨大竜の生き残りをかけた戦いが始まる。








































[PR]
by fffshiuraff | 2015-07-22 13:13 | 映画

7/21

















大型ボートがひどい嵐で沈没してしまったヴァイキングの集団はアルバ岸の敵陣で立ち往生してしまう。

彼らにとって残された最後の生存のチャンスとは、未知で危険な土地を渡りヴァイキングの植民地であるデーンロウまで辿りつくことであった。

しかしアルバの王が彼の最強の兵士たちを送り込んできたことから、旅は命を懸けたレースへと化していく。

その中でヴァイキングたちは剣で説教をする親切なキリスト教徒の修道士に出会い、狩人たちはヴァイキングが仕掛けた危険な罠に狩られる身となってしまう。

そして彼らを追う者たちの勢力は次第に弱まっていき、最後の危険な出会いの後ヴァイキングたちの力は絶頂点に達する。

























[PR]
by fffshiuraff | 2015-07-21 07:46 | 映画

7/20






a0338361_14531629.jpg














アメリカの子供達が学校で教わるフォニックスで学んで、正しい発音を身につけよう!:
http://phonics.friends-esl.com/

続き、
・英語の母音→A, E, I, O, U, Y
・英語の子音→
B, C, D, F, G, H, J, K, L, M, N, P, Q, R, S, T, V, W, X, Y, Z
であるが、
「音節」について。

日本語の場合、
ひらがな1文字で1音節(1シラブル)。
例、りんご→り・ん・ご→3シラブル。
英語の場合、
1音節には母音が1つ含まれる。
例、company仲間→com・pa・ny→3シラブル。
母音はoay。
英和辞典にもcom・pa・nyと書いてある。

例えば、
consent同意→con・sent→2シラブル
carbonic炭酸→car・bon・ic→3シラブル
Indonesiaインドネシア→In・do・ne・sia→4シラブル
whistle口笛を吹く→whis・tle→2シラブル
このように区切って単語を発音する。
単語の発音で重要なことは、
インドネ・シアIndone・siaのように区切らず、
イン・ド・ネ・シアIn・do・ne・siaとシラブルごとに発音すること。
例えば知らない単語でも、
意味はわからなくても発音はできる。
また単語の90%は最初のシラブルを強く読む。


























[PR]
by fffshiuraff | 2015-07-20 15:24 | 英語_話す

7/16






a0338361_14303377.jpg












続き、
リスニングを進める。
今やっているのは、
①ポーズ
②英文構成
この2点をヒントに英文を聞く。
ポーズとは、
句・節の切れ目にポーズ(息継ぎ)が置かれる、つまり間である。
英文構成とは、
パラグラフの結論と説明のこと。

例えば、
ポーズであれば、
ピリオド後・カンマ後・接続詞の前・前置詞の前・
前置き後・S主語の後などにポーズが置かれる。
ピリオド後であれば、そこが文の終わりであり始まりであるとわかる。
英文構成であれば、
パラグラフの冒頭(結論)を、集中して聞くということである。
↓はまとめであるが、
スピーキングにも応用できる。
ピリオド後・カンマ後・接続詞の前・前置詞の前・
前置き後・S主語の後などにポーズを置けばよいということである。




a0338361_14360178.jpg





















[PR]
by fffshiuraff | 2015-07-16 14:39 | 英語_聞く

7/13






a0338361_12111846.jpg













Voice of America:
http://learningenglish.voanews.com/

Voice of America、
アメリカ合衆国政府が運営する国営放送である。
ボイス・オブ・アメリカは、英語を母語としない人々に向け、平易な語彙と文法を用いた上で、
通常の3分の2の速さでアナウンサーが語る。

VOAを、リスニングに使っている。
VOAのよい点は、
音声をダウンロードできること、
あと原稿があることである。
英文を音と意味にわけ、
今やっているのは、音に集中すること。
例えば、
オーストラリア・ニュージーランド・南アフリカ・
イングランド・スコットランド・ウェールズ・アイルランド・
インド・カナダ・ニューヨーク・アメリカ中西部など、
英語のなまりなどもある。



































[PR]
by fffshiuraff | 2015-07-13 12:22 | 英語_聞く

7/10









続き、
↓少し改良して分類する。
母音は有声音(声を出す)だがアイウエオでも通じるだろう。
問題は子音、子音には無声音(声を出さず空気だけ出す)がある。

↓の表は上が母音で下が子音だが、
・母音→例、eエ+iイ=eiエーイのような組合せは「合」と表示してある。
・子音→例、kクゥ無声音+声を加える(有声音)=gガになり、
こういう場合も「合」と表示してある。
※子音は上下セット(無声音・有声音)で上から順に書いてあります
→「kクゥ・gガ」~「fフゥー息をはく・vブ」までが上下セット。

a0338361_17432701.jpg






























[PR]
by fffshiuraff | 2015-07-10 17:50 | 英語_話す

7/9








発音は楽しい。
スピーキング、発音を進める。
・母音→音が舌・歯・歯茎などにブロックされずに出てくる音、
20前後ある。
・子音→音が舌・歯・歯茎などにブロックされ出てくる音、
24ある。
研究中だが、母音を9つにできるらしい。
↓は母音・子音をまとめたもの。
例えば、
・march行進する→maːrtʃ→ムアーチェ
・rectangle長方形→rek/taeŋ/gl→オォエクゥ/トゥエアング/ガオヲ
など、カタカナにすればこのようになり、
単語のスペルがわかれば、
↓表の「スペル」をみれば、母音と子音がわかるので、
発音記号を見なくても、発音はできる。
知らない単語をぱっと見た時に、
すぐに発音できるように、慣れるしかない。
↓は参考になる。

英語の発音記号 読み方と音声サンプル:
http://www.linkage-club.co.jp/entry/hatsuonkigo.html

母音発音:
http://www.americanaccent.com/vowel_chart.swf




a0338361_16352512.jpg




































[PR]
by fffshiuraff | 2015-07-09 17:10 | 英語_話す

芸術家の日記


by fffshiuraff

プロフィールを見る
画像一覧