<   2015年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

5/29








↓海外新聞・日本新聞など。
ニュースなので毎回かわるので、
洋書よりは楽しめるかもしれない。
英文を読むという点では勉強になることが多い。
例えば、
趣味の記事や、写真を見るだけでも、
海外がわかっておもしろい。

海外新聞など:
・Yahoo:
https://www.yahoo.com/

・The Times UK News, World News and Opinion:
http://www.thetimes.co.uk/tto/news/

・TIME - Current & Breaking News National & World Updates:
http://time.com/

・The New York Times - Breaking News, World News & Multimedia:
http://www.nytimes.com/

・Washington Post Breaking News, World, US, DC News & Analysis:
http://www.washingtonpost.com/

・Voice of America - Learn American English with VOA Learning English:
http://learningenglish.voanews.com/

・msnbc news, video and progressive community. Lean Forward.:
http://www.msnbc.com/



日本新聞など:
・English - 毎日新聞:
http://mainichi.jp/english/

・English:The Asahi Shimbun Digital:
http://www.asahi.com/english/

・The Japan News - Breaking News from Japan by The Yomiuri Shimbun:
http://the-japan-news.com/

・The Japan Times - News on Japan, Business News, Opinion, Sports, Entertainment and More:
http://www.japantimes.co.jp/

・英語を学ぶすべての人へ TOEIC満点(全国1位・990点)・TOEFL満点・英検1級の作者による英語学習法:
http://howtoeigo.net/index.html

・英語学習・TOEIC対策・英辞郎 on the WEB アルク:
http://www.alc.co.jp/































[PR]
by fffshiuraff | 2015-05-29 16:46 | 英語_読む

5/28







続き、
複文(文1+文2)で、
文2がthatやwhenなどでスタートすることがあるが、
名詞節のthatなのか、
関係代名詞のthatなのか、
名詞節のwhenなのか、
関係副詞のwhenなのか、
判断に迷うことがあるが、
その判断方法を↓表にまとめる。
英文でややこしいのは名詞節と形容詞節で、
他はシンプルなので、
名詞節と形容詞節をスムーズに読めれば、
読むことが楽になる。

例、
名詞節→
表①
I believe that he is honest.→heがS主語
I believe he is honest.→thatが省略される
表②
I know if you were sick.→if you were sick.がO目的語
表③
I don't know when he went to Paris.→when he went to Paris.がO目的語になる

形容詞節→
表④
The man has the dog that barks loudly.
→barksはV動詞でthat後S主語がない。
→the dog名詞(先行詞)の直後のthat barks loudly.が、the dogの説明をしている
表⑤
A festival will be held in June when I was born.
→when後I(S主語)があり、
June(先行詞)の直後のwhen I was born.が、Juneの説明をしている

a0338361_14410250.jpg






































[PR]
by fffshiuraff | 2015-05-28 14:59 | 英語_読む

5/25







続き、
英文を分解すれば、
例、She cut the letter open.
→She代名詞cut動詞the冠詞letter名詞open形容詞.
→この代名詞・動詞・冠詞・名詞・形容詞を品詞(単語)という
→品詞の中でも動詞・名詞・形容詞・副詞(4大品詞)が、
→文型(語順パターン)の5つの役割、
→S主語・V動詞・O目的語・C補語・M修飾語を作る。
→S主語には名詞、V動詞には動詞、O目的語には名詞、
C補語には名詞と形容詞、M修飾語には副詞、の品詞があたる。
↑英文は第5文型→She(S)cut(V)the letter(O)open補語C.になる

4大品詞(動詞・名詞・形容詞・副詞)は、
動詞→文中で動詞の働きをしていれば→動詞・動詞句になる
名詞→文中で名詞の働きをしていれば→名詞・名詞句・名詞節になる
形容詞→文中で形容詞の働きをしていれば→形容詞・形容詞句・形容詞節になる
副詞→文中で副詞の働きをしていれば→副詞・副詞句・副詞節になる
があり、その語・句・節が、
↑のS主語・V動詞・O目的語・C補語・M修飾語の役割をする。

また英文には、
①単文→She cut the letter open.
②複文→従位接続詞→He is certain that she will succeed.
③重文(単文+単文)→等位接続詞→He studies English and mathematics every day.
があり、
複文は→名詞節・形容詞節・副詞節の3つがある。
単文や重文はシンプルだが、
複文は少しややこしい、
だから4大品詞として、
シンプルに考えた方がいいだろう。
↓は複文のまとめ

a0338361_09072568.jpg



































[PR]
by fffshiuraff | 2015-05-25 10:58 | 英語_読む

5/21






a0338361_07134131.jpg

















































[PR]
by fffshiuraff | 2015-05-21 07:23 | 音楽

5/18







続き、
http://shiuramor5.exblog.jp/21202643
↑直読直解のプロセス②で、
長く難しい文であれば、語・句・節(3~5単語)に/を入れる、
と書いたが、
基本的には意味のかたまり(語・句・節)に入れるが、
「スラッシュの入れ方」をまとめると↓である。
※今の段階でなので、研究中ではあるが。

a0338361_10372091.jpg



































[PR]
by fffshiuraff | 2015-05-18 11:07 | 英語_読む

5/14





続き、
「読む」を中心に進める。
句読法とは↓のルールのことで、
英文を書く際に使うが、
読む場合にも大切である。
簡単に言えば↓であるが、細かくルールがあり、
英文を書く場合は、慣れるまでは難しそうだが、
日本語でも句読点がある方が理解しやすいし、
英語の場合でもシンプルに伝えやすい。
例えば、
短い文章であれば「Thursday or Friday?」など、
S主語がなくても許容される。

例、
ピリオド「.」→文を終わらせる
カンマ「,」→意味をわける
疑問符「?」→疑問文に使う
感嘆符「!」→叫び
省略符号「...」→文の一部を省略するとき
ハイフン「-」→複合語、改行時に単語を分ける
ダッシュ「―」→補足、具体例を入れる場合
セミコロン「;」→2つの節を区切るとき
コロン「:」→大まかなことを述べ、コロン後細かい情報を述べる
引用符「‘’、“”」→引用、発話、タイトル、強調したい語句
アポストロフィ→'s→名詞を所有格にかえる
大文字→文の最初の単語、固有名詞、I
インデント→字下げ、段落を新しくはじめるとき
など。
































[PR]
by fffshiuraff | 2015-05-14 16:22 | 英語_読む

5/12













チャーリー・シーン主演のカーアクション。銀行強盗の無実の罪を着せられた男が、ふとした事から大富豪の娘を人質に逃亡。無数のパトカー相手に、逃避行を繰り広げる。


[PR]
by fffshiuraff | 2015-05-12 15:14 | 映画

5/11












続き、
http://shiuramor5.exblog.jp/21191313
↑はこの前アップした「5文型」であるが、
補足すれば↓表である。

どうすれば無駄なく、楽しく読めるか、
そのことを考えている。
5文型をどう使うか、
基本的には「読み方」↓であるが、
http://shiuramor5.exblog.jp/21202643/
5文型は、
「読み方」を使いながら、
長く難しい文などでわからなければ、
5文型をあてはめてみる、
そういう使い方がよさそうである。
できるだけ読む時に、日本語を入れない方がいいのだから。

a0338361_13484786.jpg




























[PR]
by fffshiuraff | 2015-05-11 13:53 | 英語_読む

5/8






続き、
5文型の5つの役割(S主語・V動詞・O目的語・C補語・M修飾語)
を作り出すのは、4大品詞(動詞・名詞・形容詞・副詞)であるが、
4大品詞は小学生の国語に出てくるが、
意外に忘れている。
例、
①動詞→動作・存在・作用→
動詞語尾はローマ字で書くと「u」でおわる
→読むyomu、歩くaruku

②形容詞→性質やようす→
~い、ローマ字で書くと「i」で終わる
→長いnagai・強いtuyoi・高いtakai・白いshiroi・楽しいtanoshii

③副詞→動詞・形容詞・副詞自身をくわしく説明する
→ますます、いつも、とても、かならず、まったく、あまり、
めっきり、たいへん、ひらりと、ごろごろ、けっして、
たとえ、どうして、おそらく、たぶん、どうか、まさか、まるで、
きっと、もっと、やや
などであるが、
「u」でおわる・「i」で終わるなどは、
英単語で動詞か形容詞かなど品詞に迷った時は役立つだろう。























[PR]
by fffshiuraff | 2015-05-08 10:48 | 英語_読む

5/7






続き、
英語全体をまとめた時に、
今の段階で最後に残るもの(一番重要なこと)は何か?
英語の細かいルール、
習慣的にできること、
5文型の役割など、
重要なことはあるが、
最後に残ったものは「読み方」であった。
何故だろうか、
いろいろ理由はあるけれども、
一番実践的で、慣れればすぐに使えるからだ。
「読み方」がどこまで対応できて、
読むこと以外の、聞く・話す・書くことに、
どう応用できるかはわからないが、
今の段階ではそう感じている。
検証してみる、

例、直読直解すれば↓
These goods are shipped/by truck from Sendai to Tokyo.
これらの品物は輸送される、トラックで仙台から東京まで
I shine/my shoes every day.
私は磨く、毎日靴を
I forgot/to set the alarm last night.
私は忘れた、昨夜目覚ましをセットするのを

↓は以前アップしたものに、修正し、足したもの、
「読み方」である。

a0338361_20151177.jpg


































[PR]
by fffshiuraff | 2015-05-07 20:27 | 英語_読む

芸術家の日記


by fffshiuraff

プロフィールを見る
画像一覧